ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 教育ブログへ


最近の記事


リンク


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


カテゴリー


最近のトラックバック


プロフィール

kamatyan

Author:kamatyan
現住所:東京
性 格:生真面目なスケベ
特 徴:白髪にハゲ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:政治・将来
世論調査の結果をでは

「民主党が300~320議席
それに対し、自民党は100議席を割る模様」

という予想が多かったですね。
投票日を明日にひかえて、どうしようか悩んでます。


私は基本的に資本主義を肯定してますから、基本は自民党支持でやってきました。
でも、多くの議員が自民党を離れて行き、公明なんぞと手を結んだあたりから、政界のあり方が分からなくなり、だんだん選挙へ行かなくなりました。

格差社会とかはあまり気にしてません。
ただ、今の格差社会には実力の差ではなく、運の差であったり、立ち回り方の上手・下手の差であったり・・・、そういう部分で差がつくのは納得がいきません。
政治や行政の杓子定規な制度設定と運用の仕方で、「正直者がバカを見る」というような場面を見たり自分でも経験してきました。そういう部分からくる格差には大いに疑問を感じてます。


民主党には霞ヶ関の無駄を無くす・・・という部分では期待してます。
政権交代して欲しいと思ってます。
ただ、総論賛成各論反対みたいな部分があるので、大勝はしてほしくない・・・させたくない・・・
というのが正直な気持ちです。

じゃあどこにするんだ・・・?
時代背景からすると旧社会党のはずなんですが、
社民党になってしまってからは、文句ばかりの女性党になってしまい
党としての存在意義を疑われるところに行ってしまった気がするので問題外です。

ミッチィーの在り方は好きなので「みんなの党」にしようかな・・・
そんな気持ちが強いのですが・・・、


早いうちから民主大勝の予想が出て
予想通りの方向に行くんだったら投票に行かなくても大丈夫かな・・・
と思う人と、
危機感を持った自民支持者が本気で動き出して票を確保する・・・

なんてベクトルが重なって、
意外と接戦に・・・なんてパターンも在りうる気がします。

うがった見方をすれば、
危機感をつのらせた経済界が、一番交代機運の高まったところでマスコミに世論調査をさせて、交代派の達成感・安心感をつのり、自民支持層の危機感を焚きつけるのが目的ではなかったのか・・・
なんて考えてしまう。


ポーズか本心か分かりませんが、鳩山さんは早くも連立を視野に入れた動きをしている。

しかし、それはそれで困ったイメージが浮かんで来ます。
村山内閣の時の連立ゆえのドタバタ振りが思い起こされるのです。

せっかくの政権交代が、あの時のようになったのではガッカリです。

今は、あの時よりももっとスピードが要求される時代です。
判断も行動も迅速さが要求されます。
その為には、

やっぱり民主大勝!1党独裁!!

のパターンが良いのではないかと思います。

その分何事にもスピーディーに動いてもらって、とにかく2年間くらいは民主独裁でドンドンやらせて、上手くいかなかった事や反省すべき点は素直に謝る。
国民もそれを受け入れる。

そのくらいの覚悟がないと、この国はこの変革期を上手に乗り越えられないのでは・・・
なんて考えてます。


今の変革の機運は、もしかすると何十年か先の歴史の教科書にターニングポイントとして記載されるかもしれない大きなファクターなんだと思います。
選挙権があるのに、この時代の転換点に参加しないというのは非常にもったいないと思いますよ。

さて、あなたはどうしますか?

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:いじめ 教育問題
ニュースで流れてましたが、
8月21日未明に、名古屋市守山区の歩道で焼死した中学3年の男子生徒(14)について、生徒が通っていた同市名東区の市立中学校の教頭(53)が24日、同校で取材に応じ、この生徒に対するいじめがあったことを明らかにしたそうです。
愛知県警守山署は自殺とみており、関連を調べているそうです。
教頭によると、昨年11月ごろ、生徒の母親から「いじめを受けているのではないか」と相談があった。学校で調査したところ、同級生ら計7人がいじめを認めた。同級生らは生徒がアトピー性皮膚炎を患っていたことに関し、生徒をからかっていたという。また、登下校中に道をふさいだり、バッグを引っ張ったりした。同級生らは生徒に謝罪し、いじめは止まったというのですが・・・。


いじめていたのは、そのグループだけだったんでしょうか?
他にもいたのでは?
こういう事が表面化しないのは、止めたり注意したりしてくれるクラスメートがいないから・・・

直接いじめに参加していないまでも、シカト・村八分なんてパターンもありますよね。
親が乗り込んできて、直接的ないじめが発覚して、謝罪させられた・・・
そこから、より陰湿ないじめに切り替わっていくというのは容易に想像されることですよね・・・。

でも、担任や学校側は、謝らせた事で一件落着にしてしまいたかったんでしょうね。

「同級生らは生徒に謝罪し・・・」というのは、学校側の見方ですよね。
いじめた側は表面的に謝っても、本心はどうだか・・・
チクリやがってこのヤロウ・・・みたいに思っていたとすると
その後は、目立たないように、場所を変えやり方を変え・・・
陰湿な方向に変化していった事は誰にでも予想がつく事だと思うのですが・・・。


話は変わりますが、
私は、自分が自殺するなら、なるべく即死できる方法を選ぶと思います。
ちょっと泥酔して我を忘れかけた状態で一瞬にして死にたいと思います。

この子は、歩道で焼身自殺・・・!
すぐには死ねませんよね。
体が焼けていく間は熱いだろうし、痛いだろうし・・・
呼吸困難になって苦しいだろうし・・・
意識を失うまで何分くらい苦しむんでしょうね・・・
そういう時の1~2分というのは、きっと随分と長く感じるものなのでしょうね・・・

想像を絶する苦しみだと思うのですが、
それでも、死んでしまいたいと思うほど、いじめのストレスが溜まっていたんでしょうね
死よりも重い辛さ・・・
想像ができそうで、できません・・・
それほど辛かったんでしょうね・・・
ご冥福をお祈りいたします。


さて、
この話は本来もっと重く・大きく取り上げられるべき問題だと思うのですが、まるで取り上げられませんでしたね。

選挙、インフルエンザ・・・
たしかに国民みんなに関係する重大な問題です。
このネタで隅に追いやられるのは仕方がないかもしれません。
でも、のりピーや押尾の話題を繰り返すなら、マスコミは何故この話題をクローズアップしないのでしょうか?
選挙対策の話題として少子化問題、子育て支援なんて単語が聞こえてきますが、中身は相も変らぬ事を繰り返しているだけです。
共通学力テストの結果を伝えるだけでいいんでしょうか?
子育て支援をしたところで、教育現場が今のままでは予算を捨てる事になりかねないような気がします。

今に始まったことではありませんが、マスコミのネタの選び方には非常に疑問が残ります。
押尾やのりピーの話題には、芸能人は影響力があるから・・・
というコメントが必ず聞かれますが、影響力が強いのは芸能人よりも、それを伝えるマスコミその物の方が大きいわけで、「報道の自由」という言葉に守られて、報道の影響力という現実に対して、あまりに無頓着・無責任と思えてなりません。
マスコミ関係者は自分たちの影響力の大きさとその功罪を再確認すべきだと思います。

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
こんな時代に経団連に雇用の確保を求めても、形式的なお願いで終わってしまうのは目に見えている。政治家という人種はこんな時にパフォーマンスをやって何の意味があるというのか・・・実に嘆かわしい!

そこで、私の考えるアイデアを一つ。

食の安全が問われるこんな時代だから、国営農場を作ろう!!

最初は栽培が簡単なじゃがいもが良いだろう。場所は夕張近郊が良いだろう。
続いて旭川近郊に酪農ファームを開こう。
1都道府県につき最低1箇所、その土地で作りやすい物で国営農場を作ろう。

米だけを特別扱いで補助してりゃいいだろう・・・今はこれで済まされる時代じゃないよね。
農業支援の行政のあり方は米に偏りすぎだと思う。もう少し公平な支援をするためにも色々な場所に色々な種類の国営農場を作り。そこでホームレスや仕事の無い人たちの受け皿を作りながら、適正価格のマーケッティングをするべきなんだと思う。
雇用環境は現状の派遣労働者より少し安いレベルでよい。それでも無職になるよりは・・・、ホームレスになるよりは・・・と、必死で生きようとする人達に職場を作るには、今はこれしかないのではないだろうか?
国営農場で、最低限の人件費で安全で安心できる農作物を作った時。それが国内産の基準流通価格になるんだと思う。

国は、雇用創出に努めた自治体や企業に補助金を出します・・・なんてやってるが、税金で賄われる補助金を渡すだけで、責任は自治体や企業に丸投げしてるように見える。こういう時こそ国としてガンガン動くべきなのではないだろうか?

私の気持ちの根底にあるのは、以前書いたホームレス救済の考え方が基本になってます。こっちも読んでみてね。

続きを読む »

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:いじめ 教育問題
ここ数日、派遣切りとか学生の内定取り消しなんて話題が世間を騒がせてますね。
確かにひどい話だと思います。大前提としてリストラされる派遣社員の人や内定取り消しを受けた方々に味方したいと思います。
しかし、全ての話を十羽一絡げにしてしまって良いのでしょうか?


内定取り消しを受けた学生さんの内、不動産会社に内定していた学生さんたちが保証を求めて訴えているニュースが流れてました。

不動産業界は昨年からミニバブル崩壊と言われ、不動産不況という言葉が乱れ飛んでいる業界です。その中で、従業員数300人程度の会社が50人の新卒採用をする・・・この話を聞いた段階で、ちょっと賢い人なら、「ああ、親類縁者に営業させて無理ならイビッて辞めさせる」という古典的な使い捨て営業のパターンを想像すると思います。
建築専攻の学生さんが設計を志してピンポイント応募で勝ち得た内定であれば、非常に酷な話だと思いますが、設計志望の学生を50人も採るはずがありません。50人ほとんどが文系の学生さんだと思います。やはり考えられるのは使い捨て営業のパターンだと思います。

で、そういう会社の内定をもらって、そこで安心して就職活動を辞めてしまうのでしょうか?複数の内定を貰っていて他を蹴ってわざわざその不動産会社を選んだ学生さんがいったい何人いるのでしょうか?本質的に文句を言える立場の学生さんがいったい何人いるのか、はなはだ疑問です。
これは、基本的には内定取り消しを受けた学生さんに同情しますし、弱者の味方の立場を取りますが、事象を見るとき一方的な問題ではなく学生側の問題点も指摘するべきだと思うのです。それが来年就職活動をする人の財産になるんだと思います。

テレビでは専門家が、内定が出た段階で雇用契約は有効だと言ってます。
確かにそうかもしれません。しかし、内定を受けておいて、もっと良い所から内定が貰えるとそれ以外の会社の内定を辞退する学生がいる事も事実です。
昔から多々ある話ですが、この時期、人事を担当していると内定辞退者を出さないようにするのに色々と心を配って心労が絶えないものです。では、企業が内定辞退者に契約違反だといって慰謝料を請求するような事があったでしょうか?

事実を伝えるという意味では問題はないのでしょうが、どの番組もコメンテーターというのを置いている以上、そういう部分を踏まえて報道する局・番組が無い事にとても失望しています。


日本もアメリカのようにだんだん訴訟社会に成ってきています。いわゆるゴネ得というやつですね。
ゴネるのは勝手ですが、そういう事象の裏にある問題に対して、マスコミ・特にテレビは甘くなってきている・・・という感じがしてなりません。
これは、テレビ局が視聴率という人気のバロメーターに振り回されていたり、上場して株式公開をしたりしてしまったが為に、視聴者に迎合しすぎる体質になってしまったんだと思えてなりません。
たとえ視聴者から苦情の電話が殺到しようと、言うべき事は言う、伝えるべき事は伝えるぞ・・・という気概が薄れてきている。テレビという一番大衆に影響力のあるメディアが、娯楽偏重になりすぎてジャーナリズムの一翼を担っているという使命感や誇りのようなものが薄れてきている。そんな風に感じられてなりません。


今までこのブログでは、教育という基本が狂ってきたから時代が歪んできたという話をだいぶしてきました。
では、社会人にとっての教育とは何でしょうか?
情報です!
その情報を提供するマスコミが、自ら持つ自浄作用を低下させてしまっている、そういうところにも、時代の中心を狂わせてきた大きな問題があるような気がしてなりません。


テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:いじめ 教育問題
今年に入ってから、MYバッグとかMY箸とかがブームになって騒がれてますね。
基本的には良い事だと思いのですが、雑誌にしてもテレビにしても、メディアがこぞって肯定的に報道しているのには疑問を感じてしまいます。

MYバッグの方は特に疑問は感じないのですが、MY箸に関してはブームを鵜呑みにしてしまって良いものなのでしょうか?

25年程前にも、同じように割り箸の無駄さが話題になり、塗り箸を洗って使おうとする運動が起こりました。
しかし、その時はすぐさま当時国会議員だった中山千夏と彼女をバックアップしていた永六輔、矢崎泰久らによって論破されてしまいました。
当時の意見はこうでした。

「使い捨ての割り箸は一見無駄そうに見えるが、間伐材の使い物にならない木っ端の部分を利用して作られていて、野焼きにしてしまう材木だった。そして、その木っ端を製材・加工というのは身障者の人たちの貴重な仕事だった」
以上のような二つの観点から、割り箸を消費する事は無駄では無い!!

という中山議員たちの意見が世論の支持を得て事無きを得た。
その時のマスコミは無駄だという意見も、反対意見も両方を伝えていました。


では、現在のMY箸ブームはどうでしょうか?

バラエティー番組はしょうがないにしても、情報番組やワイドショーと言われるレベルのものが全て肯定的に紹介しています。現場の若いスタッフが知らないのは致し方なしとして、制作会社の年配の人や局の担当者は反対情報の検証をしないのでしょうか?せめて中山議員達の意見が現在どうなっているのかという検証はしないのでしょうか?

私が聞いたところでは、気候や自然災害等の問題の無かった森林では、今でも昔と同じように間伐は行われていて間伐材も出ているそうです。割り箸自体は東南アジアからの輸入品が主になっていますが、割り箸本体をお店の名前の入った紙袋に入れる作業は身障者センター等の内職仕事として出されています。
間伐材の内、割り箸の材料になるのは枝葉のような木っ端の部分です。使わなければ、自然に朽ちて分解されるのを待つか、野焼きにする訳です。割り箸を消費しなければ木が消費されない訳でもないし、焼却しない訳でもありません。焼却の点だけを見れば野焼きにするよりはゴミ焼却場の炉で完全燃焼させた方がCO2や有害物質の排出も少なくてすみます。

そういう事を検証した上で、割り箸を止めてMY箸を持つ事がエコになっているのでしょうか?
私個人には確実な検証をするだけの力がありませんので、どちらが正しいのかは分かりませんが、少なくともそういう検証をする事無く、一方的な情報を振りまくマスコミのあり方はおかしいと思うのです。
最初にMY箸を採り上げた雑誌がどの雑誌なのか分からないが、どうして反対検証をしなかったのか? それに続いたマスコミ他社も何故しなかったのか?あるいはした上で肯定的判断をしたのか・・・。イヤイヤ、それなら途中で少しは反対意見にも触れられるはずだ。それが無かったのは、やはり一つの方向に妄信して進んでしまったからだと思う。

一番公平で、一番思慮深い一般人であるべき、マスコミ業界人達ですらこの程度だ。

今の30代くらいの人達は、画一的詰め込み型の教育の影響が一番色濃く現れている世代ではないかと思う。そういう影響が出たのではないかと思われる。

この事がその人達だけの問題だとは思わないし、教育だけの問題だとも思わない。
でも、教師の質の低下や教育委員会の腐敗が騒がれるたびに、その頃より今の教育の現場は狂っているのではないか・・・という想像は容易に出来る。
ということは、今より将来が明るいとはとてもではないが思えない・・・。
経済的にも精神的にも、明るい将来はなかなか見えてこない。
あとは、今の若い人たちが、教育以外のものから自分で学び取っていく事を期待するしか無いのだろうか?

この情けない時代に、私は何が出来るのか?
そう問いかけると、もっと暗くなってしまいます・・・^^;

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

| BLOG TOP |

copyright © おやじの徒然草 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。